大阪地裁平成27年12月14日決定・監査役の任務懈怠責任が認められなかった事案

●大阪地裁平成27年12月14日決定
 確定

●判時2298号124頁

●任務を懈怠したというためには,取締役の善管注意義務に違反する行為等をした,又は,するおそれがあるとの具体的な事情があり,監査役がその事情を認識し,又は,認識することができたと認められることを要する旨判示

最高裁平成21年11月27日判決・集民232号393頁
大阪高裁平成27年5月21日判決・判時2279号96頁